WORKSHOP BY VAGANOVA BALLET ACADEMY

ワガノワ・バレエ・アカデミー教師による特別レッスン
in Japan

ニジンスキーやパブロワ、ヴィシニョーワ、ルジマートフなど
数えきれないほどのスターダンサーを生み出す世界最高峰のバレエ・アカデミー!
このアカデミーの現役教師が来日し、日本の子どもたちを指導します。
25年以上続いている伝統と信頼のバレエ・レッスン。
2018年夏も開催決定!!

ワガノワ・バレエ・アカデミーとは?
About Vaganova Ballet Academy
ワガノワ・バレエ・アカデミーとは?
ワガノワ・バレエ・アカデミーは、ロシアが誇る、世界最高峰の国立バレエ学校です。その長く輝かしい歴史は2018年に280周年を迎え、ニジンスキーやパブロワなど数えきれないほどの伝説となったスターダンサーを輩出し続け、現在なおもヴィシニョーワ、ルジマートフなど同アカデミー出身の天才ダンサーは枚挙にいとまがありません。
同アカデミーは、クラシック・バレエ界の大きな柱の1つです。現在、同アカデミーでは約350人の生徒が学んでいますが、毎年全国からの入学志願者は4,000名を越え、厳しい審査を経て60名ほどが入学を許されます。
生徒は、8年をかけて、ただバレエを学ぶだけでなく「踊りを通して人間の内面的な美しさを磨く」といった全人教育を受けます。その後、世界のひのき舞台へと飛び立ちます。
世界最高峰のバレエ・アカデミーの現役教師が指導する、世界最高峰のバレエ・メソッド<br>-クラシック・バレエの基本教授法 <ワガノワ・メソッド>-
Vaganova Method
世界最高峰のバレエ・アカデミーの現役教師が指導する、世界最高峰のバレエ・メソッド
-クラシック・バレエの基本教授法 <ワガノワ・メソッド>-
ワガノワ・バレエ・アカデミーが名を冠している、同アカデミーの卒業生であり、極めて有能な女性教育者であったアグリッピナ・ワガノワ(1879-1951)が確立させた<ワガノワ・メソッド>は、同アカデミーの長く輝かしい伝統を支えるのみならず、その素晴らしさから、現在、世界中のクラシック・バレエの基本教授法として位置づけられています。

同メソッドの特徴は「踊りは身体全体(脚、上体、腕、頭)の連動と調和によって作り上げられる」という考えのもとに、優雅な踊りを生む上体の流麗な
揺れ、頭の角度、美しい肩の使い方、ジャンプなどでスケールの大きさを生む腕の動きを十分に活用しているところです。
また、必ず1つ1つの踊りにニュアンス、意味が込められているのも、同メソッドの大きな特徴です。
世界中で教えられているメソッドですが、本家本元のワガノワ・バレエ・アカデミーのさらなる特徴は、より洗練された動きの優雅さであり、それがワガノワ・バレエ・アカデミー出身のダンサーの完璧とも言える美しさを生み出しているのです。
ワガノワ・バレエ・アカデミーでは、幼い生徒たちまでが、プロのダンサーのような優雅かつ色彩のある踊りを見せます。それもまた、同メソッドの成せるわざなのです。

この特別レッスンは、その<ワガノワ・メソッド>を実際にワガノワ・バレエ・アカデミーで教えている現役の教師が日本の子どもたちを指導するものです。大変貴重な機会であり、バレエを志す子どもたちにとっては、大きな刺激となるレッスンです。
Ballet with Pianist
レッスンに欠かせない!
バレエピアニスト付!

このレッスンの大きな特色の1つに、バレエピアニストによる演奏付きということが挙げられます。
ワガノワ・バレエ・アカデミーでは、レッスンの際には必ずバレエピアニストがレッスンの動きに合せてピアノ演奏をします。音楽はバレエという総合芸術にとって、ダンサーと同等の重要なポジションに位置しており、ダンサーは音楽との完璧な調和を求められるからです。そのため、本来バレエ・レッスンにおいて、教師の要求を即時に音楽に反映させることができ、踊りのニュアンスによって選曲するための豊かなレパートリーを持つバレエピアニストは生徒にとって欠かせないパートナーなのです。
バレエピアニストはダンサーが実力を最大限に発揮出来るような演奏を学んだ専門職です。日本のバレエ教室では、現実的になかなかバレエピアニスト付きの教室というのは数が少ないため、バレエピアニストの演奏に合わせたレッスンの出来る、この特別レッスンは日本でバレエを学ぶ子どもたちにとっては非常に有意義なものであることは間違いありません。

レッスンに欠かせない! バレエピアニスト付!
24年続いている信頼性
Reliability
25年以上続いている信頼性

その内容の質の高さから、1992年以降、25年間以上に亘り公立文化施設を中心に毎年各地で開催され、高い評価を得ています。これまでに約19,000名の受講者を数えており、会場によっては受講希望者数が定員を超え、抽選を行うところもあります。毎年受講する子どもたちも数多くいる信頼出来るレッスンです。
1996年7月からは「ワガノワ・バレエ・アカデミー留学生オーディション」(栃木県主催)も毎年行われ、これまでに100名以上が同アカデミーへ留学を果たしています。このオーディションから留学を果たし、2013年、ロシアのマリインスキー劇場に日本人で初めて入団した石井久美子さんのニュースなどから、日本でも「ワガノワ・バレエ・アカデミー」の名前が有名になりました。留学生の多くも、このレッスンを受講しています。

Outline
概要
一行
ワガノワ・バレエ・アカデミー教師
バレエピアニスト
通訳
レッスンスケジュール例

初級クラス、中級クラス実施の場合

初級クラス 中級クラス
1日目 13:00 - 14:30 15:00 - 16:30
2日目 13:00 - 14:30 15:00 - 16:30
3日目 13:00 - 14:30 15:00 - 16:30

※1日目:初級90分/中級90分 2日目、3日目も同様
※3日間通し、2~3クラスが平均的な例ですが、日数、クラス数は出来る限りご希望に応じます。
※受講者は主催者様で募集していただきます。

内容 ※応相談
《プレ・バレエクラスの特別レッスン》 【対象】 5歳~7歳くらい、概ね半年以上の経験を持つ男女 【受講生の人数】 会場のスペースにもよるが、およそ30名が理想 【レッスン時間】 60分
《初級クラスの特別レッスン》 【対象】 10歳~13歳くらい、概ね3年以上の経験を持つ男女 【受講生の人数】 会場のスペースにもよるが、およそ30名が理想 【レッスン時間】 90分
《中級クラスの特別レッスン》 【対象】 14歳以上、概ね5年以上の経験を持つ男女 【受講生の人数】 会場のスペースにもよるが、およそ30名が理想 【レッスン時間】 90分

詳細資料ご希望の方はこちらまで

アルス東京 03-3580-0379(平日10時〜18時) arstokyo@arstokyo.co.jp

お問い合わせフォームはこちら