NEWS
FACEBOOK
チェコ少年合唱団“ボニ・プエリ” 東京カテドラルで聴くクリスマス・コンサート2019

CZECH BOYS CHOIR “BONI PUERI” CHRISTMAS CONCERT 2019

聖なるパイプオルガンの調べと天使の歌声
世界で一番楽しいクリスマスをお届けします!

チェコ少年合唱団 “ボニ・プエリ”
東京カテドラルで聴くクリスマス・コンサート 2019

出演:チェコ少年合唱団“ボニ・プエリ”/指揮:パヴェル・ホラーク/オルガン:ロベルト・フックス

2019年12月5日(木)
19:00 開演(18:15 開場)

< 会場・料金 >
東京カテドラル聖マリア大聖堂(目白)
5,000円(全席指定・税込)※ 未就学児入場不可

< 一般発売日 >
9月7日(土)

< 予約・お問い合わせ >
チケットスペース / 03-3234-9999
URL / http://ticketspace.jp/top

< プレイガイド >
・チケットぴあ / 0570-02-9999(Pコード / 161-265)
 URL / http://pia.jp/

・ローソンチケット
 0570-000-407(Lコード / 32849)
 URL / http://l-tike.com/


・イープラス
 URL / http://eplus.jp/

・セブンチケット
 URL / http://7ticket.jp/
 ※ 全国のセブン-イレブン店頭マルチコピー機

< 主催 >
アルス東京

program

プログラム

< 第一部 >

ヨーロッパの名曲

・J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
・カッチーニ:アヴェ・マリア
・レイハ:テ・デウム
・ドヴォルザーク:家路
・モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク
 /アヴェ・ヴェルム・コルプス
・ヘンデル:ハレルヤ(『メサイア』より)
・ベートーヴェン:歓喜の歌

< 第二部 >

世界の音楽とクリスマスソング

・スメタナ:モルダウ(『わが祖国』より)
・ビリーブ(日本の歌)
・この素晴らしき世界
・クリスマスキャロル:ディン・ドン!高らかに
・チェコ民謡:鐘の音
・ジブリ映画音楽の世界
 いつも何度でも(映画『千と千尋の神隠し』より)
 君をのせて(映画『天空の城ラピュタ』より)
 となりのトトロ(映画『となりのトトロ』より)
・ホワイト・クリスマス
・ウィンター・ワンダーランド
・ベツレヘムの鐘
・ハッピークリスマス
・きよしこの夜

※ 曲目、曲順は都合により変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

CHRISTMAS CONCERT 2019 AT ST.MARY'S CATHEDRAL TOKYO Czech Boys Choir "Boni Pueri" Christmas Concert
東京カテドラルで聴く
クリスマス・コンサート2019
“ボニ・プエリのクリスマス”

音楽の本来の楽しさと魅力を伝え続ける
“ボニ・プエリ”


2000年に初来日したボニ・プエリ。音楽の楽しさと喜びを心から伝えてくれるステージで、日本の皆様を魅了してきました。今回8回目の来日を果たし、東京カテドラルで聴くコンサートシリーズも今回で5回目の登場となります。前回ご好評いただいたモーツァルトに扮した少年も登場。モーツァルトとプラハ、そのゆかりの作曲家の作品をご紹介します。パイプオルガンと少年の美しいソロ、世界のクリスマスソングに加え、日本中で愛されるジブリの曲にも挑戦!心温まる“ボニ・プエリ”の世界をこの東京カテドラルで皆様にお届けします!!

ボニ・プエリ
ボニ・プエリ
Mozart & Prague
モーツァルトとプラハ

今回の公演では、少年モーツァルトと共にモーツァルトの音楽もお楽しみいただきます。 モーツァルトのゆかりの地、プラハ。14世紀「黄金のプラハ」とよばれその栄華を極めました。モーツァルトは度々訪れ、「ドン・ジョバンニ」を初演。中世の街並みは今も石畳とともにあり、モーツァルトが今もそこにいるような錯覚にとらわれるほど…。プラハは今でも多くの方から、モーツァルトと共に愛され続けています。

モスクワ・アカデミー合唱団・プエリ”プロフィール
Czech Boys Choir “BONI PUERI”
チェコ少年合唱団 “ボニ・プエリ”
1982年創立。チェコ、フラデツ・クラロヴェを本拠地とする少年合唱団。編成は少年がソプラノ、アルト、青年がテノール、バスを受け持ち、厚みのある広がり豊かな音楽を創りだしている。これまでに世界で2500回を超えるコンサートを世界の名だたるホールで行ってきた。またプラハの春音楽祭をはじめ、国際音楽祭にも数多く招かれ、著名なアーティストやオーケストラとも共演。 2000年に初来日。チェコの音楽文化の伝統を受け継いだ合唱団でありながら、洗練されショーアップされたステージと、心からの音楽を楽しむ姿勢に多くの聴衆が魅了された。同時に、子どもたちのオペラ『ブルンジバール』日本初演を果たし、TV番組でも取り上げられ、各方面で多くの注目を浴びた。CDも数多くリリース。(日本ではキング・レコードより2枚のCD)2006年よりボニ・プエリ音楽学校がチェコ文化省より教育機関として認可され、さらに幅広い音楽活動、教育活動を行っている。今回は3年ぶり8回目の来日。近年さらに内外での活動を広げチェコ国内はもとより、ヨーロッパの最も有名な合唱団のひとつとして注目されている。
芸術監督、指揮:パヴェル・ホラーク
Artistic Director, Conductor: Pavel Horák
芸術監督、指揮:パヴェル・ホラーク

1987年より「チェコ少年合唱団 “ボニ・プエリ”」の合唱指導に参加、1996年より芸術監督としてこの合唱団の指導・指揮にあたっている。これまでに合唱団と共にチェコ国内はもとより、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、中国、韓国、日本等への海外公演を行い、大変高い評価を受けた。

また彼は指揮者として精力的に活躍し、さらに作曲家やその作品についての研究も行っている。さらに1999年プラハ・カレル大学で博士号取得。カレル大学、チャルールズ大学、フラデツ・クラロヴェ大学にて教鞭もとっている。現在はボニ・プエリ音楽学校の校長、およびチェコ少年合唱団“ボニ・プエリ”の芸術監督、指揮者を務めている。